よくあるご質問

賃料等以外の費用として、何がどれくらいかかるのか
別途ご契約される訪問診療・訪問介護の扱いになりますが、食費40,000円程度(実費)、医療保険一割負担なら最大で自費12,000円、介護保険一割負担最大30,000円(介護度による)など、最大でおよそ130,000円台であがります。
年金の範囲内です。
ここは介護施設ですか
違います。
ここはあくまでNPO法人が運営する高齢者の為の共住住宅、高齢者シェアハウスです。
したがってご入居されるかた個人個人と、個別にお使いいただくお部屋の「賃貸契約」を締結させていただきます。
さらに協力医療機関である医療法人マイスターグループのクリニックなどと「訪問診療・訪問介護の契約」を別途締結していただくことになります。
入居の際は何が必要ですか
共住住宅ですので、ご入居される方が個人的に日常お使いになるものは、個人でご用意いただきます。
介護用ベッドなどはご担当されるケアマネージャーと事前に相談していただければ、介護保険適用で入手できます。
お布団や箸、食器やお着換えの洋服など、個人でお使いになるものはご用意ください。
お支払いは
ご入居の際、前家賃(次月分)と敷金2か月分が必要です。
敷金は、退去される時、原則お返しいたします。
また次月以降の家賃などにつきましては、事前に毎月請求書を発行いたしますので、お振込み・お引き落としなど、ご希望の方法でお支払ください。
なお、ご入居が月の途中の場合は、日割りにて計算させていただきます。
夜間や休日の対応
日中は、各々ご契約された訪問診療・看護・介護の看護師・介護士などお世話するスタッフが随時訪問し、皆様のお世話をさせていただきます。
夜間・休日などは管理スタッフが、巡回型介護の仕組みや見守りシステムなどにより、医師・看護師と連携して24時間365日の安心サポートを行います。
ご入居者さまの度合い
当高齢者シェアハウスでは、協力医療機関のご協力により、がん患者・重度医療者のターミナルケア等も24時間365日フルサポートさせていただくシステムとなっています。